【OpenSea(オープンシー)】NFTオークションの参加方法

NFT売買プラットフォームの「OpenSea(オープンシー)」で、オークションに参加する方法を解説します。

OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法は3つあります。

  1. 販売者の売値(定価)で購入する
  2. 購入者がオファーを出して購入する(販売していないNFTの場合でもオファーは可能)
  3. オークション販売で購入する

今回は「③オークション販売で購入する方法」について解説します。

目次

事前準備

オークションに参加するためには次の5つの準備が必要になります。
ゼロから始める場合は時間がかかります。時間に余裕をもって、ひとつずつクリアしていきましょう。

  1. 取引所に口座開設する
  2. 取引所で仮想通貨(ETH:イーサリアム)を購入する
  3. 仮想通貨を入れるウォレット(MetaMask:メタマスク)を作成する
  4. 取引所の仮想通貨をウォレットに送金する
  5. OpenSea(オープンシー)にウォレットを接続する

すでに準備が出来ているSTEPはどんどん飛ばしてください。

STEP
仮想通貨取引所に口座開設する

OpenSeaでNFTを購入したり、オークションに参加する場合、「ETH(イーサリアム)」が必要です。
国内大手であればどこでも取り扱っています。

購入する通貨(ビットコインやイーサリアム)によって、購入方法(販売所・取引所)が変わります。
また、取引所ごとに手数料も違います。
そのため「ここの取引所が一番オススメ」というものはありません。

あれこれ検討することも大事ですが、まずは一つ口座を開いて、実際に仮想通貨を触りながら考えるという方が断然理解が早くなります(経験談)。

国内大手の取引所を並べましたが、どれも無料で登録できます。

もちろん上記以外の取引所でも構いません。

はじめて口座開設する場合は、まずは操作画面の見やすさなど、自分の好みに合う取引所を選んでみてください。
※もちろん「取引手数料の安さ」も大事です。

キャンペーンに乗っかって口座を開設するのも一つの手段です。

コインチェック

◆3年連続アプリダウンロード数No.1
◆仮想通貨アプリ、国内最大級の520万DL突破
◆国内最大級の18種類の仮想通貨を取扱い(2022年9月現在)
◆全取扱通貨で500円から購入可能!

STEP
仮想通貨を購入する

OpenSeaで使用されている最もメジャーな通貨、イーサリアムを購入します。

詳しい手順はこちらから確認できます。

コインチェックを例に解説していますが、どの取引所でも手順や注意ポイントは同じです。

STEP
ウォレットを作成する

仮想通貨を保管するデジタル上のお財布を準備します。

今回はMetaMask(メタマスク)を準備します。

詳しい手順はこちらから確認できます。

STEP
取引所の仮想通貨(イーサリアム)をウォレットに送金する

取引所で購入したイーサリアムをメタマスクに送金します。

詳しい手順はこちらから確認できます。

STEP
OpenSeaにメタマスクを接続する

OpenSea(オープンシー)の公式ホームページにアクセスします。

グーグル検索からアクセスする場合は「偽サイト」に注意が必要です。
公式アドレスは「https://opensea.io」です。

ホームページを開いて、まずは言語を選択します。

「日本語」「英語」お好みを選択してください。

日本語ver
英語ver

「日本語」で開くと画面表示にバグが生じやすいです。
そのため基本的に「英語」表示をオススメします。

画面右上の「ウォレットマーク」を開き、「MetaMask(メタマスク)」を選択します。

「パスワード」を入力し、「ロック解除」をクリックします。

「接続済み」となりました。「0x・・・」のウォレットアドレスを確認します。

これでOpenSeaにMetaMaskを接続できました。

お疲れさまでした。以上で事前準備はおしまいです。

オークションに参加する

OpenSeaの公式ホームページにアクセスし、メタマスクを接続します。

今回はLove Addicted Girl(LAG)のオークションに参加します。

検索窓からコレクション名で検索します。

トップ画面を開きます。

「フィルターマーク」を選択し、「On Auction」に✅を入れます。

3つのNFTがヒットしました。

今回は「LAG#2571」のオークションに参加します。

「Minimum bid(最低入札価格)」を確認します。今回の場合、最低落札価格は0.1WETHとなります。

「Place bid(入札する)」をクリックします。

オークションで入札する場合、ETH(イーサリアム)で購入はできません。
「WETH」とは「Wrapped ETH」のことで、1ETH=1WETHになります。

↓事前にWETHにスワップしておくことも出来ます。

交換したい数量を入力し、「Convert ETH」をクリックします。

確認画面が表示されます。

この場合、「0.101ETH」を「0.101WETH」に交換するという意味です。

メタマスクが開くので、ガス代(手数料)を含めた合計金額を確認します。

今回の場合、ガス代(手数料)は0.001277ETHです。
2022年6月現在で、およそ200円です。

処理中画面が出ます。

処理が終わるとウォレット内に「0.101WETH」が表示されます。

処理完了画面、左上の「戻る」をクリックします。

入札画面に戻るので、数量を入力して「Place bid(入札する)」をクリックします。

「Approve(承認)」を求められます。

「①OpenSeaに対し、メタマスクへのアクセス権限を承認」、「②手数料の確認」をしたら「確認」をクリックします。

最後に入札を確認するため、コレクションページを確認します。

「Offers」に「you」と表示されれば無事、入札完了です。

あとはオークション終了を待ちましょう。

以上で作業はおしまいです。お疲れさまでした。

【追記】後日、無事に「落札」できました。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

このブログはWordPressテーマ「SWELL」を使用しています。

シンプルなデザインと高い機能性が両立しており、作業効率が格段に上がります。

レンタルサーバーは国内最速の「Conoha WING(コノハウィング)」を使用しています。

初期費用は無料で月額880円から利用できます。

WordPressテーマやレンタルサーバー選びはとても大切です。

なぜなら・・

後から変更するにはとても面倒な作業が待っているからです。

  • これからブログを始めたいけど何を選んでいいか分からない・・
  • 無料テーマでブログを書いているけど思うようなサイトが作れない・・

そんな方にこのブログを参考にしていただけたら幸いです。

ラスカル
X2E-DAO公認ブロガー│X2E-DAOブログコンテスト主催
夫婦+保育園児の3人家族👨‍👩‍👦
本業と子育ての合間にM2E×P2E×X2E-DAOで活動中です🚀

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次