【完全無料】PLT Place(パレットプレイス)登録とウォレットの作成方法

新規登録からウォレット作成までの手順を解説します。

目次

新規登録

最速1分かかりません。

PLT Place公式HPを開き、「新規登録」をクリックします。

登録には2通りの方法があります。

①青枠の情報を入力し、利用規約に✅をしたら「登録」をクリックします。

②赤枠の「Twitter」または「Facebook」からアカウントで登録できます。

どちらかを選択して登録しましょう。

今回はTwitterアカウントで登録しました。

PLT Placeからアクセス許可を求められます。

青枠で囲われた部分をよく確認し、了承出来たら「連携アプリを認証」をクリックします。

トップ画面に戻ると、「新規登録」の表示が「ウォレット接続」に変わりました。

以上で登録完了です。

とても簡単です。恐らく1分かかっていません。

登録したメールアドレスにPLT Placeからメールが届いていますので、確認しましょう。
Twitter登録の場合は、Twitterアカウント登録時のメールアドレスに届きます。

PLTウォレットを作成する

ここからは少し時間がかかります。
また、PCで作業中の方は、スマホに切り替えてください。

将来的にメタマスクの利用も可能になる予定です。

PLTウォレットアプリをインストールします。

写真と動画の撮影許可を求められるので、「アプリ使用時のみ」許可します。

「作成する」をタップします。

「ETH」を選択します。

「ウォレット名」は、「ETH」「イーサリアム」など、自分で決めた任意のもので構いません。

「パスワード」も同様です。

次に行う「ニーモニックフレーズ」は最重要項目です。

「ニーモニックフレーズ」とは、12の英単語からなる秘密鍵のことで、これをなくした場合、二度と復元することはできません。

複数の手段を使って安全な場所に保管してください。

  • パスワードマネージャーに保存する。
  • 銀行の金庫に保管する。
  • セーフティボックスに保管する。
  • 紙に書いて秘密の場所に保管する。

また、誰かにリカバリーフレーズを尋ねられたら、騙そうとしている可能性が高いです。

バックアップが出来たら「バックアップしました!」をタップしてください。

赤で塗りつぶされた部分に12個の英単語が表示されます。

先程のバックアップを見ながら順番通りにタップします。タップすると黒塗りの部分に表示されます。

ウォレットの作成が完了しました。

続けて「PLT」のマイウォレットを作成します。

「メニュー」をタップします。

「+」をタップします。

「ウォレットを作成する」をタップします。

先程と同様に「ウォレット名」は、「PLT」「パレット」など、自分で決めた任意のもので構いません。

「パスワード」も同様です。

この後は「ETH」と同様に「ニーモニックフレーズ」をバックアップします。

次のように表示されるとウォレットの作成は完了です。

PLTウォレットをPCに接続する

スマホとPCを接続すると、PCからNFTを売買できます。

PCでトップ画面を開き、「ウォレットを接続」をクリックします。

「QRコード」が表示されます。

次にスマホからウォレットを開いて、カメラマークをタップします。

PCとの接続を要求されるので、「コネクト」をタップします。

「確認」をタップします。

PLT Placeにウォレットが接続されました。

最後にPCからトップ画面を開いて、ウォレットの接続を確認しましょう。

以上で初期設定は終わりです。お疲れさまでした。

国内取引所の口座開設が必要

PLTを購入したり、購入したNFTを売却する時に換金をしますが、その際に必ず国内取引所の口座が必要になります。

2022年6月現在、PLTトークンを取り扱っている国内取引所は、「オーケーコインジャパン」と「コインチェック」のみです。

オーケーコインジャパンは2022年5月18日から現物取引が開始されました。

次にコインチェックです。

コインチェック

◆3年連続アプリダウンロード数No.1
◆仮想通貨アプリ、国内最大級の520万DL突破
◆国内最大級の18種類の仮想通貨を取扱い(2022年9月現在)
◆全取扱通貨で500円から購入可能!

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

ラスカル
X2E-DAO公認ブロガー│X2E-DAOブログコンテスト主催
夫婦+保育園児の3人家族👨‍👩‍👦
本業と子育ての合間にM2E×P2E×X2E-DAOで活動中です🚀

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次